〚実証実験〛オートミールを劇的に美味しくするオートミール:水の黄金比

こんにちは、「オートミールまずい」論の撃退委員会代表、サラです☆

いきなりですが、オートミールは「まずい」と思われている方!

オートミールはちゃんと調理すれば美味しくなるんです!!!

私がいつも書かせて頂いているのが、牛乳ではなく水で調理するのがオートミールを美味しく食べる一番のコツです。

では、オートミールを美味しくする水の分量はいったいどれくらいなのか?

そんな疑問にお答えすべく、10mlずつ分量を変えて「水:オートミール」の黄金比を調査しました。

私は基本レンジ調理なので、鍋の場合はまた分量が変わると思います。あくまでも目安としてご参考にしてみてください☆

ちなみに、ゴールデンウィークに便乗し、5月2日から「ゴールデンオートミールウィーク」を勝手に開催したいと思います。

オートミールの様々な食べ方を知りたい方には朗報!

5月10日まで毎日オートミールのレシピをアップします。

ゴールデンオートミールウィークの概要

・毎日21時頃に1オートミールのレシピを投稿
・甘党も辛党も参考に出来るレシピ
・皆さんが作ったオートミールの写真を「#ゴールデンオートミールウィーク」とタグ付けしてSNSに投稿するとサラが泣いて喜びます

一緒にオートミールを人気食材へと育て上げましょう!笑

それでは、水とオートミールの実験に戻りましょう。

 

実験の条件

私がオートミールを食べる時は、朝ごはんにフルーツをのせる場合は糖質が過剰にならないよう、30gのオートミールを食べています。

お昼ご飯として頂く場合は50gくらいと、多めに食べています。

もちろん、その時のお腹の空き具合と相談しながら、少なくしたり、多くしたりと調整しています。

今回は公平性を期すために、以下の条件を同じにしました。

  • 使用する器
  • オートミール30g
  • 500Wのレンジで3分チン

私が普段のレシピに書いている「かぶるくらいの水」はどれくらいなのか、まずは計りながら入れてみました。

いつも入れるのは、30gのオートミールに対して大体水80mlでした。

水VSミルク

まずは、私が提唱しているミルクより水の方が美味しく作れるのかを検証してみました。

30gのオートミールに一つは水80ml、一つは豆乳80mlを入れ、レンジで3分チン。

出来たオートミールを食べ比べ

豆乳で作った方はクリーミーではあるのですが、やはり粘り気が出てしまい、ツヤツヤのお米を食べなれている日本人の舌には少し合わないのかな、と思いました。

ここは私だけの意見ではなく、父と母にも実験台となってもらいました。

オートミール普段から食べ慣れてないのもあるけど、牛乳で作ったのは好きじゃない
水で作ったのは、歯応えも残ってるし、慣れれば美味しく食べられると思う。健康的だしいいね。

私のオートミールのイメージはドロドロしてたりべっちゃりした印象しか無かったわ。
牛乳で作った方はまさにそのイメージ通りだけど、水で作った方は歯ごたえも残って美味しいわね。お惣菜系の味付けも出来るし、辛党の私にぴったり。

水の分量

いつもの水の量から増やしてしまうと、べっちゃりなるだけなので、いつもの80mlから極限まで水を減らして調理してみました。

さて、各分量を試した結果はいかに・・・?

80ml

まずはいつもの分量です。

オートミール:水の割合

1:2.6

うん。いつも通りのオートミールの食感でした。

牛乳を注いでもいいですし、注がなくてもそのまま美味しく食べられる分量だと思います。

歯応えの残っている部分もあれば、少し柔らかくなっている部分もありました。

70ml

オートミール:水の割合

1:2.3

10mlの違いですからね、正直80mlで調理したものとほとんど変わりはありませんでした。

ですが、80mlで調理したものと比べ、少し歯応えが残っている部分が多かったです。

60ml

オートミール:水の割合

1:2

80ml、70mlの水で調理したものと比べ、お米の粒がしっかり残っている感覚でした。

混ぜても比較的パラパラで、お米代わりに食べるにはちょうどいい分量でした。

50ml

オートミール:水の割合

1:1.6

オートミールがギリギリ浸かるくらいの分量、それが50ml。

出来上がりはかなりアルデンテな感じで、正直少し火が通っていない部分が残っていました。

40ml

オートミール:水の割合

1:1.3

ええ、写真から見たまんま、オートミールがほとんど水に浸かっていない状態でした。

案の定、調理してみたら、オートミール同士がくっついてしまい、かなり芯が残っている部分がありました。

圧倒的に水の量少なすぎです。

右下の写真では、オートミール同士がくっついてしまっていました。

 

結論

一番美味しく作れた水の分量はオートミール30gに対して水60ml、オートミール:水では割合1:2でした。

この1:2の黄金比を使い、オートミールの分量別に水の量を算出してみました。

オートミールの量水の量
30g60ml
40g80ml
50g100ml
60g120ml

 

私みたいな理系の変態でない限り、毎回ここまで正確に測る必要はありません

ですが、初めてオートミールをレンチン調理される方に大体の目安を知ってもらいたいと思い、今回の研究結果を発表させて頂きました。

慣れてたら自分の好きな分量を目分量で入れる程度で大丈夫ですよ〜笑

オートミールの栄養については以下の記事をご覧ください☆

ここまでお読み頂きありがとうございます。

このブログではオートミールを始めとした健康的で美味しく満足感のあるレシピを主にご紹介しています。

レシピを作って下さった際は、#ぱわふレシピと共にSNSシェアをお忘れなく!皆さんに作って頂けたご飯を見るのが私のブログアップへのモチベーションにつながります♥

以上、サラ(@sarahrikejo)でした☆